出資法


出資法




出資法とは、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」の通称。貸金業者などを規制することを目的として、出資金の受け入れを制限し、浮き貸し・高金利などを取り締まる法律。昭和29年(1954)制定。

平成22年(2010)6月に貸金業法等の改正が完全施行され、出資法の上限金利は20パーセントに引き下げられ、グレーゾーン金利は撤廃されました。










闇金用語集






  • 最終更新:2013-09-04 14:41:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード